会社概要

COMPANY PROFILE

代表挨拶

MESSAGE

当社は平成2年設立以降、日本のリゾートホテル・旅館の経営支援を行なってきました。
バブル崩壊以後、リゾートホテル・旅館の需要は低迷状態が続いており、海外からの観光客を積極的に受入れることが重要な課題といえます。
観光庁は外国人観光客1,500万人を目標に東南アジアの各国にPR活動を行なっています。しかし、受け入れ側のホテル・旅館では外国語に対応できる人材が少なく、受入れを躊躇しております。

一方、中国、韓国、台湾では日本語を正規の科目に取り入れている学校も多く、日本語を学んでいる学生は大勢います。しかし、実際に日本人と接触するチャンスは少なく、実践的な日本語の会話習得に悩んでおります。

当社では2005年よりホテル・旅館側と各国の大学との双方の要望を受け、大学で日本語を専攻している大学生を『働きながら実践的な日本語を習得する』ことを目的として日本のホテル・旅館に紹介するマッチング業務を行ってきました。

本プログラムに参加するワーホリ生は、実践的な日本語会話の習得、日本の歴史・文化・マナーの吸収、リゾートホテル・旅館の運営と日本式サービスマナーの体験を目的としています。

会社案内

COMPANY

弊社は1990年にリゾートホテル・旅館の経営コンサルタント業務を主体に設立しました。
2019年以降、地方に外国人観光客を誘客することがリゾートホテル・旅館再生の道と確信し、海外の大学で日本語を勉強している学生をインターンシップ、ワーキング・ホリデーでホテル・旅館に紹介・派遣する業務を開始し、現在に至っております。

会社名 株式会社プラン・ドウ・インターナショナル
本社 〒101-0031 東京都千代田区東神田 2-6-2 タカラビル3F
TEL:03-5823-4371 / FAX:03-5829-4528
代表者 代表取締役 平林 正次
業務内容 ・ホテル・旅館の経営コンサルタント事務
・ホテル・旅館の料理無人搬送、食器保管、厨房設計
・業界紙、週刊観光経済新聞コラムに執筆
・ワーキング・ホリデー生受け入れ事業:韓国 / 台湾
・インターンシップ生受け入れ事業:台湾 / 中国 / ベトナム / インドネシア / フィリピン
・台湾ワーキング・ホリデー生受入れ事業
特別支援学校、国内軽度知的障がい者と企業との就労に向けたマッチング事業(障がい者雇用支援)
許認可 有料職業紹介事業 許可番号 13-ユ-303271
一般労働者派遣 許可番号 般 13-304853
E-mail info@plando-net.co.jp / info_plando_net@yahoo.co.jp
協力機関 一般社団法人 日本ホテル実習協議会 / 株式会社ザ・ワークス
提携大学 韓国
京畿道・城南市:東ソウル大学
忠南牙山市:鮮文大学校
大田広域市:又松大学校
慶尚南道・金海市:仁清大学
釜山広域市:釜山外国語大学校・晶信大学・東明大学・東儀科学大学台湾
修平科技大学・朝陽科技大学・遠東科技大学、中華大学、育達科技大学、嶺東科技大学、高苑科技大学、実践大学、大葉大学、樹徳科技大学中国
大連海事大学、東北財経大学、遼寧師範大学、安徽農業大学、山東交通学院ベトナム
ハノイ国家大学、PFT、ハノイ大学、東方大学、越日外語、工科短大

インドネシア
ダルマプルサダ大学、サヒド観光大学、ブンハッタ大学、パクアン大学、国立スディルマン大学

タイ
国立カセサート大学、パンヤピワット大学

沿革

HISTORY

1990年 株式会社プラン・ドウ設立
リゾートホテル・旅館のコンサルティング業務開始
・新増改築計画
・厨房近代化計画
・料理無人搬送システム
・ダイニング・オープンキッチンシステム
・食器保管システム、食器自動倉庫システム
2005年 「日本旅館・ホテル名鑑」(観光経済新聞社発刊)企画・編集
2006年 中国インターンシップ生受け入れ事業開始
2007年 韓国ワーキング・ホリデー生受け入れ事業開始
2009年 台湾ワーキング・ホリデー生受け入れ事業開始
2016年 ベトナム、インドネシアインターンシップ制受け入れ事業開始
現在 北海道~九州、60個のホテル・旅館で130名の外国人学生が活動中

プログラムの特徴

FEATURES OF THE PROGRAM

ホテル・旅館プログラム

①インターンシップ:滞在期間1年以内

各地域の入国管理局に「在留資格認定証明書」の交付申請をし、「特定活動査証」(インターンシップ)を取得して入国するもので就労可能な査証である。

②ワーキング・ホリデー:滞在期間1年以内

ワーキング・ホリデー条約締結国(韓国、台湾、香港)の領事館で「特定活動査証」(ワーキング・ホリデー)を取得して入国するもので就労可能な査証である。

③正社員移行プログラム

インターンシップはワーキング・ホリデープログラムを6ヶ月間終了後、双方の合意により「就労査証」を取得して、正社員に移行する。

④知的障がい者支援プログラム

「都道府県の各特別支援学校」の就業技術科で「調理」または「ホテル業務」を学んでいる軽度知的障がい者を当社の派遣社員として3ヶ月就業し、双方の合意を得て正社員に移行する。(紹介予定派遣)

介護施設プログラム

①インターンシップ:滞在期間1年

各地域の入国管理局に「在留資格認定証明書」の交付申請をし、「特定活動査証」(インターンシップ)を取得して入国するもので就労可能な査証である。

②知的障がい者支援プログラム

「都道府県の各特別支援学校」の職能開発科で「介護」を学んでいる軽度知的障がい者を当社の派遣社員として3ヶ月就業し、双方の合意を得て正社員に移行する。

障がい者雇用・マッチングプログラム

全国の「特別支援学校」で学んでいる知的障がい者の既卒者の方の派遣による雇用に向けた人材サービス。

ワーキングホリデー生の就業・処遇条件

WORKING / TREATMENT CONDITION OF WORKING HOLIDAY STUDENT

接客・サービス部門

  • ・最低3カ月以上滞在できる者(夏の身2か月でも可)
  • ・日本語能力:日本語能力試験N3取得以上
  • ・日本語学科、ホテル関連学科

バックヤード部門

  • ・最低6カ月以上滞在できる者
  • ・日本語能力:日本語能力試験N4取得以上
  • ・日本語学科以外でも可

調理部門

  • ・大学で調理課程を学んでいる者
  • ・最低6カ月以上滞在できる者
  • ・日本語能力:コミュニケーションがとれる程度

待遇条件

  • ・1か月在籍で最低保証88,000円
  • ・休日を含み1日3食の食事、寮費、水道光熱費を負担
  • ・保険は滞在期間中傷害、疾病の医療・薬代を全額カバー(保険料は当社負担)
  • ・日残業、月残業、休日、深夜手当を支給

特典

  • (1)日本で実施される日本語能力試験(N2以上)の受験費用を負担
  • (2)契約期間修了者に「修了証」「評価書」の授与
  • (3)成績優秀者(評価85点以上)に20,000~50,000円の奨励金を支給
  • (4)研修リポート提出者に10,000円の原稿料を支払い
  • (5)成績優秀者をホテル・旅館の正社員に無償にて紹介

申請方法

APPLICATION METHOD

「申請フォーム」で入力

参加申込書の到着順で登録

日本語面接

受け入れホテル・旅館を紹介

オリエンテーション実施

ホテルへ出発